No Simple Life

関西在住、どこにでもいるOLです!お得に楽しく生きることがモットー!

シンガポールに行ったらぜひオススメしたい!1時間で行けるリゾート!inビンタン島

 

そろそろ旅行記事を書いていこうと思います。

シンガポールから1時間で行けるリゾート島、「ビンタン島」について

あれこれまとめていきます。ご参考にぜひ訪れてみてくださいね!

 

ビンタン島はシンガポールインドネシアによって共同開発された

リゾート島です。(インドネシア領

 

シンガポールからフェリーで1時間ほどで行くことができます。

マツコのテレビで紹介されたこともあり

観光客の中でも日本人観光客が多く訪れているそうです。

(とても親日の場所でした)

泊まりはもちろんですが、日帰りでも十分に満喫できます。

 

 

ビンタン島へは「ツアーで行く」、または「個人で行く」の2つの選択肢があります。

ツアーではホテルのお迎え、フェリーの手配から現地でのアクティビティまで全て手配してもらえるのでお手軽に行くことができます。(少々値段はかかりますが…)

ビンタン島 (シンガポール発近隣国ツアー) | シンガポールの観光・ツアーの予約 VELTRA(ベルトラ)

 

ぜひ行っていただきたいのがマングローブのツアー

実は私は行っていないのですが、現地の人に「絶対行った方がいい!」、「次来た時は絶対行くように!」と念押しされたほどのツアーです。

 

 

では、ツアーではなく個人で行きたい!という方へ、私たちが参考にしたサイトや体験したことをご紹介しますね。

 

アクセス

とても分かりやすい記事があるので、そちらを参考にしてもらうのがいいと思います。

 

私は行きはタクシー、帰りはバス+電車で帰りました。

チケットを2日前に取るという思いつきだったので、日帰りです。

チケットはビンタンリゾートのHP(https://www.brf.com.sg/)から予約、

web promo価格:往復$44(economy)でした。

 

直前のためチケットがなく、

シンガポール11:10発、ビンタン20:15発(最終便)を利用。

出発の90分前までにチェックインとのことだったので朝はのんびりとタクシーでホテルから行きました。

帰りはタクシーで帰りたいのは山々でしたが、口コミ通り長蛇の列が・・・タクシーが全然来ないのでバスと電車を乗り継いで帰宅。

タクシーで帰りたいという方は前もって予約することをオススメします。

 

フェリーターミナル

フェリーターミナルはこじんまりとしていてお土産やDuty Freeは気持ち程度にしかないのでお買い物は楽しめないスポットかなと。。

 

ここで2点やっておくオススメのことが、下記2点です。

①酔い止めを買うこと

②ルピアorシンガポールドルに両替しておくこと

 

①結構揺れると有名なフェリーなので酔いやすい方は酔い止めの購入をオススメします。レジで聞いたら教えてくれます。(5錠で$3ほどで購入)

ビンタンで日本円→ルピアにしようと思ったらびっくりするほどの手数料でした。

値段の1割換金、9割手数料っていうびっくりするほどのレート。

日本円しかない方はシンガポール国内の「ここ」である程度のシンガポールドル or インドネシアルピアへの両替をオススメします。

 

 ただ、ビンタンはとても物価が安いのでたくさんする必要はないかも…。ランチ(2人で300円)、タクシー(ガイド:3000円)、カフェ(2人で700円)、お土産(1000円)で2人で5000円分ほどでした。

f:id:omihosam:20180329000252j:plain

 

 

ビンタン島にて・・・ 

ビンタンについて入国審査で滞在先を聞かれ、「Day Trip」そして何するのと聞かれ「Free Plan」と伝えると入国審査のお兄さんからガイドっぽい人に引き渡されinformationへ連れて行かれました・・・笑

 

アクティビティをしたい場合はここでも予約ができそうでした。(もしかしたら現地のここで予約した方が安いかも?)

 

ただ私たちは、今回は「海に少し入ってのんびりしてスパに行きたい」というプランだたのでそれを伝えると、ランチ→ビーチ(&shopping)→スパはどう?と言われ承諾。

 

タクシー(ガイド)は以下のような値段帯でした。

・1日貸切料金(750000ルピア)

・1回料金(130000ルピア)

私たちは「ターミナル」→「ランチ」→「ビーチ&スパ&買い物」→「ターミナル」の3回の移動だけだったので1回料金に。

 

訪問先 

インドネシアに来たので「インドネシア料理を食べたい!」と伝えると、

ランチはガイドさんオススメの地元感溢れる場所へ・・・。

 

google mapで見つけたので載せておきます。

ここ→Pujasera Lagoi(Google map)

 

 

とりあえずローカル感満載なのとめっちゃ安かったです。日本円で多分100円くらい・・・

「ミーゴレン」をチョイス。(あえてのナシゴレンでなく・・・)

 

f:id:omihosam:20180329000202j:plain

 

そして美味しかったです。安くて美味しくて・・・

ナシゴレンもいただきましたが美味しかったですよ。

 

ランチ後は、ビーチもショッピングもスパもできる

ラゴイビーチへ・・・

車で10分ほどの距離なのですぐです。

(本当はNirwana beachへ行きたかったのですが、宿泊者以外は入場料がかかると言われたのでなんとなく断念…)

 

 

正直にいうと、想定よりも閑散としてたスポットです…

テナントが少ない・・・

が、買い物もカフェも、そしてインスタ映え間違いなしのスポットでもあるので

2.3時間くらいの滞在でしたらオススメです。

 

検索する場合は→「Plaza Lagoi」で検索。

 

着いてまずスパを予約。何店舗かありますが、ガイドさんオススメの店舗にて。

お店の名前は覚えておらず・・・

60分の全身オイルスパで3000円しないくらい…

日本に比べたらはるかに安いです♪ 日本もこれなら通うのに。。

 

フェリーに乗る直前の時間で予約したのでまずはビーチへ。

 

f:id:omihosam:20180329002206j:plain

 

f:id:omihosam:20180329002217j:plain

 

強風感がとても伝わる写真。でもインスタ映え間違いなしのスポット。

カラフルな文字とバックの青い空、青い海、白い砂浜のコントラストが最高です。

 

海も超きれい。

f:id:omihosam:20180329002342j:plain

めっちゃ透き通ってて綺麗です。

そしてこのビーチかなりの遠浅のビーチなので遠くまでグラデーションが

続いていて綺麗なのです。

 

びっくりするくらいの遠浅の写真はまた後ほど・・・

 

ビーチでは写真を撮り、海に入り、黄昏ていました。笑

何時間いても飽きない景色・・・

 

 

ショッピングできる施設は

インドネシアのお土産品、小物・洋服のお店が数軒とコンビニ(食料品)です。

 

洋服がとにかく安いです。可愛いワンピースや水着が2000円もあれば買えます。

(カードが使えない店もあったので注意が必要・・・)

 

 

ショッピング後は、カフェでプチブレイク。

「Helo Helo」というカフェ。どこにでも有りそうな名前・・・

(free wifi があったのはここだけ。パスワードは店員さんに聞けば教えてくれますよ)

せっかくなので奇抜なものを頼んでみました。

 

f:id:omihosam:20180329003025j:plain

 

芋のドリンク・・・何芋かは忘れました。

普通に濃厚なお芋の味で美味しかったです。外暑かったし冷たいドリンク最高。

 

これで600円。あれ物価やすいんじゃなかったけ?となりましたがw

お客さんは春節の時期ということもあり中国人だらけ。

 

 

 

夕暮れ時になったのでスパの前に

ビーチへ・・・と

行ってみるとまあびっくり。

 

f:id:omihosam:20180329005346j:plain

 

夕日が綺麗!なのはもちろんなのですが・・・わかりますか?

めっちゃ潮が引いているんです。それもかなり。

水が引いたところに空が反射して写っていてとても綺麗でした。

 

沖の方で泳いでる人がいたのですが、腰くらいまでの深さしかないようで

これまで史上最高の遠浅の海でした。

厳島神社なんてかわいいほうかも・・・)

 

あとはスパで1時間爆睡してフェリーに乗って

バス→電車で、無事にホテル帰宅。

 

日帰りでも十分に楽しめたのでシンガポールでの時間にゆとりがありそうな方、ビンタン島に興味をもたれた方、

当日でも弾丸で行けちゃうところなので、ぜひ行ってみてくださいね☆

 

 

 

 

 

mi3kuma.hateblo.jp